医学部 臨床医学一般・消化器外科学General and Digestive Surgery

JapaneseEnglish

研究室HP

医局集合写真 2020年5月

【主な研究内容】
1. スフィンゴ脂質が大腸がんの発がん,進展,転移に及ぼす影響に関する研究
2. スフィンゴ脂質が NAFLD や肝発がんに及ぼす影響に関する研究
3. 大腸がんや悪性軟部腫瘍における NANOG, ZFP57, Imprinting gene の機能解析.
4. 蛍光標識による胃がんセンチネルリンパ節生検に基づく機能温存手術の妥当性に関する研究
5. 消化器がんに対する腸管免疫強化療法の有用性に関する研究
6. 進行胃がんに対する術前化学療法に関する研究
7. 進行食道がん,進行直腸がん,進行膵がんに対する術前放射線化学療法に関する研究
8. 進行大腸がんに対する術後補助化学療法に関する研究
9. 敗血症の凝固・線溶異常に関する研究
10.肝移植を含めた肝臓外科手術における腸管免疫強化と抗血小板の有用性に関する研究
【主な診療分野】
上部消化管外科治療,下部消化管外科治療,肝胆膵脾外科治療,腹部ヘルニアの外科治療,腹部悪性軟部腫瘍の外科治療,肥満症の外科治療
【主な研究協力先】
1.金沢医科大学 ゲノム医療センター:新井田 要 教授(センター長),浦 大樹 助教
2.石川県立大学 生物資源環境学部:岡崎 俊朗 教授(金沢医科大学元教授)
3.金沢医科大学 総合医学研究所:谷口 真 講師
4.金沢医科大学 病理学Ⅰ:清川 悦子 教授
5.金沢医科大学 臨床病理学:山田 壮亮 教授
6.順天堂大学 研究基盤センター:小出 寛 教授
7.国立がん研究センター トランスレーショナルインフォマティクス分野:土原 一哉 分野長

お問い合わせ

TEL: 076-286-2211(内線3127)秘書:宮下 / FAX: 076-286-4626 / Email: gastsurg@kanazawa-med.ac.jp

所属者紹介

講座主任

  • 高村 博之 証明写真 0122444(高村博之)

臨床教授

  • 上田 順彦
  • 木南 伸一

臨床准教授

  • 藤田 秀人
  • 宮下 知治

講師

  • 宮田 隆司
  • 中村 直彦

助教

  • 富田 泰斗
  • 甲斐田 大資
  • 藤田 純
  • 三浦 聖子
  • 藤井 頼孝
  • 金 了資
  • 西木 久史
  • 橋本 明史

主な研究業績

部門別研究業績

  • Diagnostic ability of multi-detector spiral computed tomography for pathological lymph node metastasis of advanced gastric cancer. Jiang ZY, Kinami S, Nakamura N, Miyata T, Fujita H, Takamura H, Ueda N, Kosaka T. World J Gastrointest Oncol. 2020; 12: 435-446.
  • The neutrophil/lymphocyte ratio as a predictor of successful conversion surgery for stage IV gastric cancer: a retrospective study. Nakamura N, Kinami S, Tomita Y, Miyata T, Fujita H, Takamura H, Ueda N, Kosaka T. BMC Cancer. 2020; 20: 363.
  • The neutrophil/lymphocyte ratio as a predictor of peritoneal metastasis during staging laparoscopy for advanced gastric cancer: a retrospective cohort analysis. Nakamura N, Kinami S, Fujii Y, Miura S, Fujita J, Kaida D, Tomita Y, Miyata T, Fujita H, Ueda N, Iida Y, Kosaka T. World J Surg Oncol. 2019; 17: 108.
  • Precision surgical approach with lymph-node dissection in early gastric cancer. Kinami S, Nakamura N, Tomita Y, Miyata T, Fujita H, Ueda N, Kosaka T. World J Gastroenterol. 2019; 25: 1640-1652.
  • The Embryonic Stem Cell-Specific Transcription Factor ZFP57 Promotes Liver Metastasis of Colorectal Cancer. Shoji Y, Takamura H, Ninomiya I, Fushida S, Tada Y, Yokota T, Ohta T, Koide H. J Surg Res. 2019; 237: 22-29.

主な外部研究資金

  • MIYASHITA T. Grant-in-Aid for Scientific Research of the Ministry of Education, Science and Culture 2020; Elucidation of esophageal carcinogenesis mechanism based on GSK3β and development of new therapeutic strategy.
  • TAKAMURA H. Grant-in-Aid for Scientific Research of the Ministry of Education, Science and Culture 2016; Development of new therapeutic method for colorectal cancer targeting Zfp57 gene.
  • MIYASHITA T. Grant-in-Aid for Scientific Research of the Ministry of Education, Science and Culture 2016; Elucidation and control of epigenomic changes and cancer microenvironment during esophageal carcinogenesis due to reflux esophagitis.
  • KOSAKA T. Grant for Collaborative research of Cancer Research Institute of Kanazawa University 2016; Analysis of the relationship between the molecular pathological characteristics of transcription target CRD-BP of β-catenin / Tcf and colorectal cancer pathology.